2017年12月15日

鏡台山(長野県埴科郡)でアマチュア無線を楽しむ。

長野県の千曲川(信濃川の上流の川)の東側に位置する鏡台山でアマチュア無線を楽しみました。

↓↓北アルプスを西側遠方に見ながら、アストラルプレーンアンテナを建てる
cq430.JPG

↓↓東側は立木の林になっています。
鏡台山でアンテナ.JPG

いつもの430Mhz/SSBです。
アストラルプレーンアンテナは円形のラジアルを潰さないようにザックの扱いに注意が必要ですが、軽量なのがいいです。そして水平方向ねの電波の発射が特徴なので、標高がその威力を後押ししてくれます。

鏡台山での移動運用は1エリア方向がブラインド気味になっていまして、1エリアの局との交信は少なかったです。その代り、久しぶりに9エリア各局と交信をさせて頂きました。北アルプスの方がはるかに標高が高いのですが、そこまでの距離が長く「仰角」が少ない環境だったようで、9各局と59-59の交信をさせて頂きました。感謝申し上げます。

posted by オヤジッパー at 20:17| 長野 ☀| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

北アルプスの巨星がまた一人他界されました。

大正6年、槍ヶ岳山荘を作られた穂刈三寿の後を継がれた穂刈貞雄さんは、山小屋に電話を設置するなど北アルプスの山小屋を近代化させるきっかけになった御仁と聞き及んでいます。肺炎で96年の歴史に幕を下ろされたそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。

↓↓新聞記事
槍ケ岳山荘穂刈貞雄さんご逝去.JPG

オヤジッパーなぞは、地図(国土地理院地図ですが・・)を頼りに、出来上がった登山道をテクテクと歩くだけですが、壊れた登山道を直してくれる山小屋の皆様にほんとに感謝しています。
 ましてあの槍ヶ岳の鉄はしごなど、設置点検は穂刈さんなどのご苦労のたまものだと思っています。

安らかにお眠り下さいませ。合掌。
 
posted by オヤジッパー at 20:22| 長野 ☀| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマコレ投稿データが国土地理院地図に反映されそうです。

オヤジッパーはネット公開されている国土地理院地図で山を歩いています。記載されている点線の道を頼りに計画を立てたり、実際ルート確認に使っています。
 が、実際の登山道と国土地理院の点線登山道が異なる場合が、そこそこあります。昭和40〜50年代の実際に歩いて記載された部分もあるそうですが、その後の修正はほとんどなされていないらしいです・・。

 ヤマコレの地図アプリなど、便利らしいですね。ヤマコレには今やかなりの山々が掲載され、実際にこれらアプリも使われた?皆様の投稿が目白押しだそうですね。スマホを使わない昭和のオヤジッパーは出来ない技です。
 国土地理院地図に実際の歩行ルートを落とし込み出来るそうで、そのデータを国土地理院地図に反映されそうです。

↓↓新聞記事
ヤマコレと国土地理院合体20171212.JPG

ヤマコレなどの投稿を当てにしていないオヤジッパーですが、国土地理院さんが参考にされるとなると、考え直した方がよさそうで、少々反省しました。

ですが、登山、歩行速度を競うかのような投稿が多いことに対しては、閉口します。早歩きを競うなら、もはやトレラン愛好家にその座を奪われていますよ。体力自慢は、よそでやってほしいですね。

ただ歩行ルートが国土地理院地図に正しく反映されることは、ヤマコレさんの価値が国家に認められたことになりますから、ヤマコレさん、おめでとうございます
これからも登山者の味方を貫いてくださいね。
posted by オヤジッパー at 20:01| 長野 ☀| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

鏡台山(長野県坂城町)を歩く。その3 山頂

積雪の鏡台山の山頂は、北アルプス(南北150kmらしいですが)の北から南端まで見える絶景ポイントでした。

↓↓鏡台山から見える北アルプス(北は朝日岳に始まり、南端の乗鞍岳まですべて見えました。)
北アルプス全景.JPG

↓↓鏡台山
鏡台山.JPG

↓↓登山ルート
鏡台山ルート.JPG
<参考>
鏡台山 1,269m 長野県埴科郡坂城町
登山口 和平キャンプ場の手前/標高約930m 距離約3.5km 標高差約330m
登り 晴れ/積雪5cm ザック17s 2時間

↓↓黒柏木山山頂を出発
黒柏木山道標.JPG

すると急降下の斜面でした。北側の斜面でもありこの辺りは10cm以上の積雪でした。
↓↓凡そ100m+αもの長いフィックスロープが設置されていました。
黒柏木山北側の急坂.JPG

標高差にして鞍部まで70m、距離にして100m〜120mですが、これが難儀でした。もしフィックスロープが設置してなければ何度も転んだと思われます。ロープがほんとにありがたかったです。

↓↓ここから鏡台山山頂までピークが4つありました。
ピークを登る.JPG
↓↓最後の坂道は「これで山頂だぜ💡」って思わせる雰囲気がありました。
騙されたピーク.JPG
ですが、その先が山頂でした・・・。

↓↓山頂手前の上り坂
山頂手前.JPG

↓↓鏡台山山頂
鏡台山山頂.JPG
↓↓山頂表示板1
山頂表示1.JPG
↓↓山頂表示板2
山頂表示3.JPG

↓↓常念岳、後に槍ヶ岳など北アルプスの勉強を改めて出来ました。
常念岳槍ヶ岳など.JPG
↓↓穂高連峰も常念岳の後方に見えました。
常念岳穂高連峰.JPG

↓↓山頂南方向には富士山、八ヶ岳も見えていました。
富士山も見えました.JPG

おしまい。


posted by オヤジッパー at 21:03| 長野 ☀| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

鏡台山(長野県坂城町)1,269mを歩く。その2 黒柏木山1,199m

姨捨伝説の姨捨から見る名月は「田毎の月」としても名高いです。千曲川が最低標高地点で、そこから姨捨山(別名、冠着山が正しい名称)に架けてだんだん田んぼがあり、その田圃一つひとつに月が映し出されることから「田毎の月」と呼ばれていますね。(ここでその写真をお見せしたかったのですが、出で来なくて残念です。)
 その月が登り出る山が鏡台山です。
↓↓鏡台山(全景)
鏡台山全景.JPG
風情を楽しむ日本人は、月の出る山すら「鏡台」に見立ててしまうのが、誇らしいです。

和平キャンプ場の少し手前から歩き始め、稜線(峠)の登山口までまず登りました。
↓↓登山口
登山口道標.JPG

積雪は3〜5p程度でしたから、アイゼンはいらない道でした。
↓↓最初は急坂でした。
せっせと登る.JPG

↓↓地図にない分岐がありました。コンパスで方向を定めて進みました。
分岐もありました.JPG

↓↓立木に囲まれた稜線道
立木の稜線を歩く.JPG

↓↓でも上信堺の四阿山も立木の間から見えました。
四阿山.JPG

↓↓前方にピークが迫りました、これが黒柏木山です。
黒柏木山手.JPG

↓↓稜線の通過点ですが黒柏木山の道標が立ってました。
黒柏木山山頂道標.JPG

今日はここまで。





posted by オヤジッパー at 20:12| 長野 ☁| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

鏡台山(長野県坂城町)1,269mを歩く。その1名月が出る山。

「出た出た月が・・。」
長野県には「おばすて山」なる悲しい昔話がありますが、その「お婆捨て」の里から見る月が美しくJR姨捨駅は「中秋の名月」のための観光列車が走るそうです。(停車し名月鑑賞列車)

 その「名月」が登り出るのが今回歩いた「鏡台山」です。
↓↓千曲川沿岸から見た鏡台山
鏡台山を見上げる.JPG

鏡台と言う言葉も、いまやあまり使われないのかな?女性が化粧をする据え付け鏡ですが、自然の山並みを、月を写しだす鏡台に見立てる日本人の感性、粋な見立てがいいですよね。

さて12月に入り雪を考えると、背の高い山々に入るのをためらう弱気なオヤジッパーですから、里山の雪(山)がちょうどいいのです。里山の積雪状況は地元の方々でも正確な把握は難しいのですが、どう転んでも歩行時間は積雪の登山道は1.2〜2倍は必要になりますね。
そんなんで、登山口は距離の短いルートとしてこの時期山を楽しむのが「安全」ですね。

今回は和平キャンプ場にしたのですが、積雪でその手前までしか車が入れませんでした。もっとも地元の猟友会の皆様は、ジープにチエンを掛けた先発隊の人?が、その先まで登って行きました。
↓↓ジープの轍
ジープの轍.JPG

※歩いてみて分かったのですが、稜線の下に広い畑があり、そこの人はトラクターで登ったそうで、積雪の畑を耕していました。

↓↓林道を歩き、和平キャンプ場の分岐を進む
林道を歩く.JPG
これが最後の道標でして、この先でまた林道が2度分かれました・・。おかげで地図とコンパスでルートをさっそく探す羽目になりました。おかげで里山の方が真剣にルート探しが出来ます???

↓↓たぶん廃道の林道を登る。
地図とにらめっこの道.JPG
この廃道?を登りきると広い畑に出ました。(キャンプ場からの林道もあるようでした・・)

↓↓この畑をトラクターで耕す人がお見えで、それが驚きでした。トラクターが通った後だけが付きが出るのが、何故か感動でした。
↓↓広い畑
畑仕事をされてました.JPG

こんな場所ですから案内道標(登山口の案内板)もなく、コンパスで方向を確かめ道を選びました。

↓↓たぶん峠ですが名前は分かりません(車両通行止め)。ここが登山口でした。
峠に到着.JPG

↓↓反対側は大道山の登山口になってました。
鏡台山登山口.JPG

今日はここまで。

posted by オヤジッパー at 20:36| 長野 ☀| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

御池岳(滋賀県東近江市)でアマチュア無線を楽しむ。

鈴鹿山脈の最高峰の御池岳1,247mでアマチュア無線を楽しみました。
いつもの430Mhz/SSBです。

↓↓ほかの登山者の邪魔にならぬようアンテナを建てました。
cq4301.JPG

3エリアの山は今年最後の遠征なので、10エレ八木アンテナを使いました。幸いにして当日は北風もなく穏やかで、アンテナも振れずに交信を楽しめました。

ただオヤジッパーがアマチュア無線を始めた時は、ほかに2組しか山頂にはいなかったのですが、閉局したら、大勢の登山者がお見えで驚きました。小声で交信したつもりでしたが、ご迷惑を掛けなかったか閉局作業中に心配になりました・・。

今回は1エリアの局は1局だけで一番多かったのは2エリアの皆様でした。5エリア(香川県)4エリア(岡山県)そして3エリア各局とも交信が出来、鈴鹿の山を堪能できました。
1エリアのようなSSBファンは3エリアは少ない様子で、そこが残念でした。ですが今回も「430SSBは初めて。」との局もおみえでして、430SSBで発報して良かったと思いました。

おしまい。
posted by オヤジッパー at 17:03| 長野 ☁| Comment(0) | 散策トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする